カードを誰でも作れてしまう

収入が少ない人でも一定の収入があれば審査に通る可能性がある

ちょっと現金が足りないときに、コンビニのATMなどでいつでも簡単にお金を借りられるカードローンの恩恵は計り知れないものがありますが、一方、簡単にお金を借りられるのはリスクという面もあります。
カードローンでお金を借りるためには審査を受けなければなりません。まったく収入がない人の場合、申し込んでも審査ではねられる可能性が高いですが、一定の収入があれば、総収入があまり多くなくても審査に通る可能性があります。たとえば、アルバイトをしていて毎月5万円の収入しかないという人でも、利用限度額が10万円程度のカードであれば発行されてもおかしくないのです。
しかし、もともと収入が少ない人がカードを持つようになると、つい使いすぎてしまったり、あるいは生活費をカードローンによる借金に依存してしまうといったことが考えられます。

多重債務者でも申込先によっては貸してくれることも

また、カードローン会社にもよりますが、多重債務者だとわかっていてカードを発行するところは少なくありません。特に、あまり規模が大きくないカードローン会社は大手と比べて顧客の獲得が難しいため、リスクがあるとわかっていて多重債務者を審査に通過させることがあるのです。 客からすれば、借金の返済で首が回らない状態で、新たにカードローンを契約できるのはありがたいといえますが、当然、トータルの債務額は増えてしまいますし、新規のカードローンの利用限度額を使い切ってしまえば苦しい状態に戻ってしまいます。 したがって、あまり収入が多くない、あるいは既に借り入れがあるという状態でカードローンに申し込もうという場合は、たくさん借りられないように利用限度額を抑える、返済しやすいように利率の低いところと契約するといったことを考えるといいでしょう。