カードローンは借金と同じ

利用限度額をついつい自分の預貯金と錯覚してしまう

カードローンを利用する場合に必ず心にとどめておかなければならないことは、「カードローンでお金を引き出すことは借金である」というものです。 カードローンを使いすぎて最終的に多重債務者になってしまう人が、なぜそういう状態に陥ってしまったのか語る際、「カードローンで引き出せるお金を自分の預貯金のように錯覚していた」という理由を挙げる人が少なくありません。手取りの月収が15万円しかない人でも、カードローンを利用し続けると利用限度額に達することがあります。しかし、この利用限度額が例えば50万円で預貯金と錯覚して一気に引き出して使ってしまった場合、15万円の収入の中から50万円という借金の元金と利息を返済していかなければならなくなり、当然、家計が圧迫されてしまうことになります。

利用限度額を下げて不要な現金を引き出さないようにする

カードローンを借金だと理解して利用すると、まず、借りすぎることを避けられます。預貯金だと錯覚してしまうと、本来、一万円を引き出せば十分なのに、いろいろと理由をつけてついつい二万円、三万円と引き出してしまい、それを散財してしまうということになりかねません。借金だとわかっていれば、引き出したあとに利息つきで返済しなければならないという現実をきちんと認識できるので、必要な金額だけ引き出そうと自分を律することができるのです。 ついつい借りすぎてしまうという自覚がある場合は、カードローン会社に連絡して利用限度額を下げてもらうといいでしょう。また、クレジットカードを利用できるケースでは、カードローンで現金を調達するのではなく、利息がかからないクレジットカードの一回払いを使えば不要な利息の支払いを避けられます。